花蘭咲と長春毛精それぞれの特徴とは

効能:花蘭咲も長春毛精ともに女性の髪をターゲットとしている点では同じです。花蘭咲が髪のライフサイクルに着目し、ライフサイクルを改善することで髪の状態を改善させようとするのに対し、長春毛精は抜け毛の原因を頭皮の皮脂の過剰な分泌が角質となって毛穴をふさぐためだとし、どれだけ育毛剤の成分を頭皮に浸透させるかが重要かを考えます。花蘭咲が約3ヶ月〜効果が現れるのに対して、長春毛精は6ヶ月〜効果が現れ始めます。薄毛、抜け毛の原因が皮脂が多いことからおきていると明確に分かる場合には長春毛精がお勧めですが、そうでなければ花蘭咲の方が相対的に効果が早く現れやすい傾向があります。

 

成分:花蘭咲は3種類の有効成分と10種類の植物由来の成分を配合していますが、長春毛精は12種類の和漢植物(生薬)を配合しているのが特徴で、中国の大学で研究されてきた配合です。さらに、有効成分については、花蘭咲がセンブリエキス、塩酸ビリドキシン、ニコチン酸アミドの3つを含んでおり、長春毛精は酢酸トコフェロール、グリチル酸ジカリウム、ヒノキチオールを含んでいます。

 

価格:花蘭咲の通常価格は7,000円で送料は無料で、長春毛精は6,480円です。ただし、長春毛精は1本で2月は利用できるので、月当たりで考えると長春毛精の方がかなり安いです。長春毛精は540円(送料無料)で試せる2週間用のものがありますが、効果が出るのが6ヶ月先なので、お試しだけでは実感は持てません。花蘭咲の無料返品の方が実用的です。